スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串かつ1日食べ放題1000円@大阪新世界

今日は取り急ぎのお知らせ。
これもまたツイッターで得た情報のご紹介。

大阪と言えば通天閣、通天閣と言えば新世界、
新世界と言えば串かつ、串かつと言えば・・・ってまだ続くんかい!

えー、それはさておき、今年は通天閣100周年(よく考えたらスゴイな)
ということで色々なイベントが行われています。

入居者の皆さんは通天閣新世界へはもう行かれましたか?

もう行ったよ!と言う方も、いやまだ・・・と言う方も必見

新世界・通天閣100周年記念

【7月2日・3日・4日の3日間限定】


1DAYパスを購入すると対象店舗17店で

なんと!1日1000円で串かつが食べ放題
(※厳選20品から)!

img_kushikatu.jpg  
 
↑新世界串かつ振興会ブログより引用↑

1DAYパスの購入方法は事前予約(6月20日12:00まで)か当日購入で。

詳しくは
こちら事前予約もできますでチェック! 

お店はカウンター形式でもテーブルでも
ソースの入った容器が置いてあると思うのですが、

アツアツの串かつが運ばれて来たら
そのソース容器に串かつをポチャンとダイブさせます。

それは1回こっきりがルール。
2度漬けはダメです。

それさえ守ればOK。

新世界通天閣へはJR新今宮駅下車になります。
柏原駅からは久宝寺駅で快速に乗り換えて天王寺の次です
map.jpg 
ぜひお友達と誘い合って行ってみて下さい。 

 (※新今宮駅、JR環状線を挟んで新世界と反対側はちょっと独特の雰囲気なので若人は行かない方が無難です)

≪さらに注目!!≫

通天閣の史上初オフィシャルバンドの
「通天交響楽団

大阪柏原市(大阪教育大前駅の向かい側!!)が本拠地

注目の若手芸術家集団「イーゼル芸術工房

の8名のメンバーによって
構成されています!

ライブなどの予定はこちらでチェック!


byオーナーA


スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

IKEA鶴浜(大阪)に行ってみた

取り急ぎ。ソフィアコート新入生女子必見!

IKEA鶴浜(大阪)に行ってきました~♪

場所は大阪市大正区の端っこ、断然マイカーが便利なんでしょうけど、
今回は公共交通機関を使って行ってみました。

行程は・・・
ソフィアコート→歩6分のJR柏原駅から難波行き普通電車乗車約30分で
JR難波へ→改札を出て左へ→
RIMG0084_convert_20120405000259.jpg 
向かって左のエスカレーターで1Fへ→上がってすぐ右の出口を出て
     
     そのまま進むとネイビーブルーのIKEAバスが待っています。
RIMG0063_convert_20120405000800.jpg
     

バスは1時間に3本。
RIMG0083_convert_20120405001045.jpg
バスはもちろん無料ですからそのまま乗り込みます。
     バス出発後約25分でIKEA鶴浜へ。
     (周りには何にもなくバックには大阪湾が。IKEAの建物がフェリーターミナルのように見えた)

入口の真ん前に停車してくれますので、
そのまま入店してすぐ前のエスカレーターで2Fへ。
逸る気持ちを抑えつつ、
まずカウンターでIKEAファミリー新規メンバー(無料)申込みをしましょう。
RIMG0068_convert_20120405001340.jpg
カウンターにある申込み書に必要事項を記入後仮カードを切り離して
カウンターボックスにポストイン。仮カードはすぐに使えますからお財布にしまってね。

今回はちょうどお昼時だったので、そのままレストランへ。
RIMG0067_convert_20120405001620.jpg
レストランはカフェテリア形式になっていて、好きなメニューを選んで
プレートに乗せていきます。

今回私のチョイスは
スウェーデンミートボール(平日だとIKEAファミリーメンバーは50%オフ) と
サラダ(サラダバー)、チャパタ、
ドリンクバー(同じくIKEAファミリーメンバーは無料)
合計644円ナリ。
RIMG0066_convert_20120405001851.jpg 
↑手前が私のチョイス(サラダの盛り付け汚くてスミマセン)
奥が連れのチョイス(カルボナーラパスタ・クロワッサン・サラダ゙)

広々したレストランで、皆さん思い思いに楽しそうにお食事されています。
その風景はまるでNHKサラリーマンNEOでやっていた「世界の社食から」のようなw

スウェーデンミートボールにはソースとコケモモのジャム?、
丸ごとボイルポテトが添えられています。
え?ジャムぅ?大丈夫です。
甘さがかなり控えめで酸味がマッチして意外とイケるんだな、コレが。不思議。

お腹いっぱいになったら、レストランを出て、
そのまま2Fフロアを順路通りに見ていきます。

まずはショールームエリア。

お部屋別に家具類が展示されていて、
フロアの壁際にはいくつものお部屋を再現してあって、
おいてある家具・雑貨類はすべてサンプルになっています。
これは具体的にイメージできるのでわかりやすいです。
中には3LDKまるごとというスケールのものも。

どんどんテンションが上がっていきますw
サンプルで気に入った、欲しいものがあれば、プライスタグをチェック、
ショッピングリストにメモしておきます。

基本的にすべて買ったその日に持ち帰ることができるようですが
(家具などは組立式でフラットな状態で梱包されている)、
マイカーでない場合は宅配サービス(990円~)が利用できるようです。

ところどころにあるワゴンに置いてある雑貨類で気に入ったものがあれば、
イエローバッグ(ショッピングかごがわり)に入れていきます。

ショールームエリアが終わると階段で1Fへ。

ここからはマーケットホールというエリアで主に雑貨類がおいてあります。

食器やカトラリーなどのキッチン雑貨からありとあらゆる家事雑貨が
行けども行けども置いてあり・・・

女子(一応w)としてはやっぱ端から端までぜーんぶ見たいじゃないですか。
ねぇ?(ここで連れが気力尽きてリタイアw)

ひとり暮らしをしたらあれを買ってこれを買って~
ここはあんなふうにしてあそこはこんな風にして~って
思ってたその想いをここで思いっきり叶えちゃって下さい。

まあ既婚女性でもやっぱりその想いはなぜか尽きないわけで・・・
ありますよね?いくらでもw

お値段は・・・大阪のオカン目線でもリーズナブルだからして、
余計血が騒ぎますです~。

鼻息荒くwマーケットホールを見て回ったらお次はセルフサービスエリアへ。

このエリアは倉庫そのもので(ここからはほぼコストコのような感じ)。
ショールームで見てきてショッピングリストへメモした商品を
自分でピックアップしていきます。

重ければトロリーに乗せて会計エリアへ。

自分で商品をレジ台に乗せお会計。
なお、会計後のお買いもの袋は有料になっています。
紙袋は20円、ブルーバッグ(レジャーシートのような素材)はMLサイズとも99円でした。

ふう~やれやれ、と思う間もなく会計エリアの真ん前にビストロ(フードコーナー)が・・・
なんとソフトクリームが50円じゃあーりませんか!即買いですがな!
サイズは50円だけあってw小さ目サイズ。私ら中年にはちょうどエエ感じですわ。
ガツンといきたい人にはホットドッグ150円やシナモンロール80円もありましたよ~。
若い人はいくらでもどうぞ~。

その横にはフードマーケットがあって、
各種ジャム類やお菓子、サーモンなどの食材まで、
スウェーデンの食べ物が色々と。もう目の毒ですわ~。

ぐっと堪えてもう一度2Fカフェへ(カフェがあるのは鶴浜だけなんだそう)。
RIMG0081_convert_20120405004345.jpg 
やっぱカプチーノでも飲みながらもう少しマターリしたいワケでw
ここでもIKEAファミリーカードが使えるんですね。
何か商品(お茶請けw)を買うと、
メンバー本人と同伴者はドリンクバーがタダ(平日のみ)。

ガラス張りの眺めのいいロケーションで
目の前は大阪湾となみはや大橋(空の彼方に行きそうでちょっとコワイ)が
見渡せて気持ちいいです。
RIMG0079_convert_20120405004422.jpg

このカフェではWI-FIフリースポットにもなっています(但しなかなか繋がらなかったorz)。

帰りは行きに降りた場所からバスに乗り込み、
RIMG0082_convert_20120405004457.jpg 
同じく25分ほどでJR難波へ。
JR難波からは一番早く出発する電車に乗って(快速なら久宝寺で普通に乗換え)
柏原まで帰ってくるだけ。

どうですか?というより・・・
ソフィアコート住人女子には絶対行きなさい、とにかく楽しいから。
とだけ申し上げたいと思いますw

可能なら平日、現地着が午前中になるように(時間が足りなくなるw)、
歩きやすい靴でお出かけ下さい。

             byオーナーA                                              
                    

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

3月の近隣イベント情報

3月に楽しめる関西地域のイベントをご紹介します
<下記イベント名の下にソフィアコートからの最短アクセスを入れておきますね>

3月7日(水) :二月堂修二会(お水取り)
<JR柏原駅からJR大和路線奈良駅下車(乗車27分、乗換4分) >

お水取り


1261年もの間、一度も絶えることなく引き継がれてきた行事。
正式名称は「十一面悔過」
二月堂の本尊である十一面観音菩薩の宝前で懺悔し、
人々の幸福を祈願する行事です。
3月1日~14日の期間中は毎夜の大鐘を合図に、
長さ6mのお松明が上がり、
二月堂の舞台から降る火の粉が古都の夜を赤く染めます。
「お水取り」が終わると関西では春本番となります。

3月12日(月):京都・東山花灯路
   <JR柏原駅から。京橋駅にて京阪電車(おけいはん)に乗り継いで東福寺下車 
                (乗車76分、乗換16分) 特急など利用するともっと早く行けます>

京都東山花灯路


青蓮院から円山公園、八坂神社、清水寺へと続く、
京都・東山地域の約5㎞の散策路を「灯り」と「花」で彩る早春の恒例行事。
円山公園内を流れる小川のせせらぎ一面に、
約500本もの青竹の灯籠が並び、幻想的な情景を作り出します。

3月14日(水):KOBEロマンチックフェア(3月31日まで) 
<JR柏原駅から。神戸駅下車(乗車54分、乗換11分) >

KOBEロマンチックフェア 
            
神戸ハーバーランド、北野坂周辺他で開催。
ロマンチックな散策にぴったり。

3月18日(日):鹿せんべいとばし大会
 <JR柏原駅から大和路線奈良駅下車(乗車27分、乗換4分) >

鮖ソ縺帙s縺ケ縺・→縺ー縺怜、ァ莨喟convert_20120229214137
       

参加受付09:30~ 先着1,000名


柏原から日帰りできるエリアに古式ゆかしい神社仏閣が多くあるため、
国宝級のお宝期間限定で特別公開されることもしばしば。

3月の特別公開、代表的なものは以下の通りです。
 
3月31日~6月7日:金峯山寺蔵王堂・本地堂 
    仁王門修理勧進・秘仏本尊特別御開帳
        <近鉄柏原駅~(道明寺・古市乗換)~近鉄吉野口下車(所要47分、乗車40分)
吉野山ロープーウェイ「吉野山」 下車>

Zaoudou_3tai.jpg
        
仁王門の大修理勧進のため、国宝・本堂蔵王堂の日本最大級の
秘仏・金剛蔵王大権現像3体(重文)が特別公開。


3月1~31日:大安寺・馬頭観音立像特別公開 
<JR柏原~JR奈良(乗車27分、乗換4分)~バス「大安寺」 >

0102-ph-batou.jpg 

      天平彫刻の風格ある秘仏。
頭上に馬頭がなく胸飾りと足首に蛇が巻き付き、
      腰に獣皮をまとう珍しいお姿は、馬頭観音の原初の様とも言われている。


3月1~5月31日:不退寺 春期特別公開 
<JR柏原~JR奈良(乗車27分、乗換4分)~バス「一条高校前」 >

在原業平 

六歌仙の一人、在原業平にゆかりが深く「業平寺」とも呼ばれる古刹で寺宝公開。
        在原業平画像、伊勢物語など貴重な宝物が拝観できる。
       
在原業平と言えば・・・オーナーの実家からほんの3mほど東側を南北に
「業平道」とのいわれの小道というか路地というか・・がある。
業平が高安の里のガールフレンドに会うために通った道らしい?


3月10~20日 知恩院 友禅苑ライトアップ 
<JR柏原~京橋経由 京阪線祇園四条下車(乗車74分、乗換10分)>

 
知恩院ライトアップ

国宝の三門と昭和の名庭園「友禅苑」をライトアップ


3月14~16日 東福寺涅槃会 
<JR柏原駅~京橋駅にて京阪電車に乗りついで東福寺下車(乗車76分、乗換16分)
特急など利用するともっと早く行けます)

東福寺涅槃絵 

        本堂で開帳される縦約12m、横約6mもの大涅槃図は
室町時代の著名な画僧・明兆の作とされ、綿密な画風は見ごたえがある。
期間中は国宝の三門と龍吟庵も特別公開される。

        
3月14~16日 泉桶寺涅槃会
<JR柏原駅~京橋駅にて京阪電車に乗りついで東福寺下車(乗車76分、乗換16分)
特急など利用するともっと早く行けます)

泉桶寺 

東山三十六峰の一つ、月輪山の麓に立つ寺院。
縦約16m、横約8mもある日本最大級の涅槃図が
釈迦の入滅を偲んで行われる法要に合わせて公開される。


3月10~5月6日:高台寺 圓徳院 
<JR柏原~京橋経由 京阪線祇園四条下車(乗車74分、乗換10分)>

高台寺 

豊臣秀吉の正室・北政所が伏見城の化粧御殿を移築したのが寺のはじまり。
特別展では長谷川等伯筆と伝わる襖絵や
桃山時代を代表する枯山水庭園が鑑賞できるほか、夜間ライトアップもあり。
 



ソフィアコートからだと、上記はどこも楽々日帰り圏内です。
 
京都・奈良・神戸へはどこへもよりどりみどり!

特に卒業生の皆さん、卒業後は関西エリアを離れる方もいらっしゃると思います。

在校生の皆さんももちろん、どこへも気軽に出掛けられる

ソフィアコートに暮らしている間に、

ぜひ訪れてみられてはいかがでしょうか?

       
 By オーナーA

    

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

バラ鑑賞スポット~おふさ観音(奈良県橿原市)

いきなり私事ですが。 え~、柏原市民歴4ン年、
これまでの人生において「お住まいはどちら?」と聞かれて、
「柏原(かしわら)です。」と答えると
「ああ、橿原(かしはら)神宮のある橿原(かしはら)ね。」と
言われることが常でございました。
柏原市民なら「あるある~」ですよね?(涙)
 
そんな経緯があれども、実は私、地元を愛するのと同じく
「奈良(大和)」が大好きなのです。
府県境を接してすぐお隣ということによる親近感もありますが・・・

それと私は見仏(仏像を見る=鑑賞する:みうらじゅんさん命名)が趣味でして、
大阪柏原から奈良へはご近所感覚で気が向いたらチャッと出掛けられるという
地理的アドバンテージによりますます愛は高まる?のであります。
何と言っても奈良は仏像の宝庫、実にいいブツ(仏)が揃っておられますので。

また、私の好きな歌に

「やまとは国のまほろば たたなづく青垣 山こもれる やまとしうるはし」

があります。

有名な日本武尊が残した歌ですが、この歌を思い浮かべつつ、
奈良盆地から屏風のように連なる青々とした周りの山々を見ていると、
また二上山に落ちる夕日を見ていると、
思わずこみあげてくるものがあるのです(胃からではなく目の奥からです) 。
何かこう日本人としての根底の意識に訴えかけてくるものがあるのでしょうか?

すみません。私事の前置きが異常に長くなってしまいました(苦笑)

この奈良県橿原市に
おふさ観音

(奈良県橿原市小房町6-22)

という高野山真言宗のお寺があり、
副住職さんが中心となって
境内でイングリッシュローズをはじめとする
なんと2300種類ものバラ(約2500株)を育てておられます。

ソフィアコート@大阪柏原からの車でのアクセスはこちらをご覧下さい。
ルートは簡単で大体40分くらいで行けるかと思います。

おふさ観音はバラ愛好家の中ではよく知られた有名な鑑賞スポットらしく、
私は花好きバラ好きの身内のお供で
春・秋のシーズンに毎度訪れております。
もちろん地元周辺でもバラのお寺としてよく知られています。

もうね・・・とにかく半端じゃないです!

お寺に近づくに連れバラの芳香がふんわりと漂ってくるかと思うと、
境内いっぱいに咲き誇るバラ、バラ、バラ、バラ・・・が目に飛び込んできます。

あと、特筆すべきはこれだけ多く見事なバラを咲かせておられるのに
鑑賞のための境内への入場は自由無料
にしていただいていることです。
素晴らしすぎます。ありがたいことです。

撮影技術はアレですが写真を撮って来ました。
撮影日は今年の6月2日です。以下どうぞご覧下さい。
RIMG0099_convert_20110611214219.jpg  
↑おふさ観音(正式名:高野山真言宗別格本山 観音寺)山門↑
 
RIMG0103_convert_20110611214434.jpg 
↑前日の雨水をまといつつゴージャスに咲き誇る↑
RIMG0102_convert_20110611214339.jpg
↑花弁の密集具合がスゴイです・・・↑
RIMG0101_convert_20110611214257.jpg 
↑色が飛んでしまっているのがつくづく残念 実際は目にもまぶしい色合いです↑ 
RIMG0105_convert_20110611214854.jpg 
↑境内本堂前の様子。仏さまとバラは意外とマッチしています↑
RIMG0106_convert_20110611215046.jpg 
↑1つの枝に一気に3つの花がついている様子 ↑
RIMG0112_convert_20110611215127.jpg 
↑開花途上?のこの位のボリューム感が可憐で素敵↑
RIMG0122_convert_20110611215218.jpg 
↑真紅のバラ。形も整っています↑
RIMG0123_convert_20110611215301.jpg
↑このバラは特に高貴で優雅な香りが印象的でした↑
↑上の花の中の黒いものは香りに誘われた虫です↑
 RIMG0120_convert_20110611215337.jpg
↑狛犬とバラ 前日の雨水が入り込んだ重みで下を向きがちなのがちょっと惜しい↑
↑遠目で見るとこの取り合わせはバリっぽい? ↑
RIMG0118_convert_20110612011935.jpg 
↑清楚・・・↑
RIMG0111_convert_20110612012128.jpg 
↑クレマチスがバラの合間ところどころに↑
RIMG0125_convert_20110612012902.jpg
↑つぼみの鈴なり具合がたまりません 可愛すぎる・・・↑
RIMG0104_convert_20110612101747.jpg 
↑アーチをくぐるといい香りに包まれます↑

今年は春が 5月15日~ 6月30日
   秋が10月19日~11月30日

の期間にバラまつりとして見ごろをむかえ、多くの人が訪れます。

その時期の気候によって開花状況も変わってくるようですので、
お出かけの際は事前にHPで確認されるか、
直接お問い合わせ(℡:0744-22-2212)
されることをおすすめします。

ところで・・・花とくれば・・・団子ですよね、やっぱり。

おふさ観音の斜め向かい「さなぶりや」という
お餅屋さん(本来は米屋さん?)があります。
 
そちらで「
さなぶり餅」という半夏生餅小麦餅が売られています。

sanaburiya-moti.jpg 
6個入り600円

奈良(大和地方)だけでなく、柏原のある河内地方でも昔から
半夏生(7月2日~七夕くらいまでの期間)に向けて
おやつとして家庭で作られ食べられてきたそうです。
一般的には半夏生餅と言われていて、
オーナー家でも昔よく作って食べていたようです。

お餅の生地自体は普通のもち米のお餅より柔らかく滑らかながら
全粒小麦が使用されているのでプチプチとした食感も。
きな粉と黒蜜でいただきます。

この半夏生餅は何やらソウルフードとなりうるものらしく、
私の周囲でも年配の方々は本当に好きな方が多いです。

さなぶり餅(半夏生餅)を買って帰り、おいしくいただいていた、
ちょうどそのとき、 ご近所の方が一緒に買ってきたよ、と
半夏生餅を持ってきて下さいました。
なんというタイミング! シンクロ?!
そういう季節、時期なんですね~。

この時期、お店でもし半夏生餅(小麦餅)を見かけたらぜひご賞味下さい。
 
byオーナーA

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

神戸元町近辺食べ歩き

 前々記事阪神なんば線で神戸へ気軽にの続きです。

10:09法善寺駅(ソフィアコートから歩6分)から直通になった近鉄線、
阪神なんば線・本線を経て11:34に神戸元町駅に到着。

地下にある駅から地上に上がり、海側(神戸では海のある南を海側、
六甲山のある北を山側というそうです)へまっすぐ1分ほど歩くと
神戸の中華街「南京町」の西入口に着きます。
南京町地図
お昼時なのですでに各々お店の前に立ち食い?の出店が出ていて
売り子さんたちの熱心な呼び込みをかわしつつ、さあ何を食べようかなと
わくわくしながら商店街中ほどある南京町広場方面へ。

そして南京町広場でぐるりと見渡すと・・・いつもはズラリと行列をなしている
広場北西角山側の豚饅の老舗「老祥記」、一瞬行列が途切れてるのを発見。
即お店へ(もう勝手に体が反応しております)!

こちらはテイクアウトでもお店で食べるのでもOKで、テイクアウトは3個270円
から、お店では座ると黙っててもあつあつの豚饅が3個お皿にのったのが
出てきます。(お客さんの回転はめちゃくちゃ早いので少々並んでも大丈夫)
南京町1 南京町2
ご覧の通り、豚饅3個とは言えカワイイ3口くらいサイズなのです。
ホカホカをからし醤油につけてパクリ!皮はフワモチ、中身は肉汁ジュワーで
口の中やけどしそう。これは、小龍包なのか?!と錯覚しそうになるほど
ジューシィ。餡は醤油のしっかり味。余計な材料は入っていない、
手作り感がします。うう・・やっぱりイケるわ。

小龍包と言えば!さらにそこから東側へ進むこと1分ほど山側、焼ビーフンで
有名な 「ケンミン」のお店「yunyun」。上海生煎饅頭(焼小龍包)が
食べられます。3個で300円。ビーフンなどの麺メニューと一緒だと500円
というお得なセットもあります。
↓の写真はお店のHPから拝借しましたが、このこぼれんばかりのスープを
見て下さい。
 焼小龍包
気を付けてそぉーっと食べないと熱々スープが四方八方に飛びます(笑)
皮はモッチリ、焼き面はパリっとしています。
オーナーB、小龍包を手に取るやたまらずビールを買いに走りました。

さらにyunyunから東へ歩くと左手に中国食品雑貨店「廣記商行」があります。
こちらは今や大阪府民家庭の常備調味料と言われる?「味覇(ウェイパー)」 ta_img01.jpgを生み出したお店です。
大阪のスーパーでは500gが通常価格1000円くらいで売られていますが、
本店の利ということでしょうか、500g840円で売られています。
大阪のおばちゃんとしてはこれは買わずにいられません。

さらにさらに・・・南京町東端の長安門を出て山側に少し歩くと左手に
神戸牛の老舗、「森谷商店」が見えてきます。
こちらのお店、高級精肉店ながら店先で揚げもん、コロッケなどを
売ってらっしゃるんです。お肉屋さんのコロッケ好きには素通りなどできません
こちらは私たち毎度、スルーしたことありません、ハイ。
1個80円、揚げたてホカホカお肉屋さんのコロッケの幸せが神戸の街の
ど真ん中で味わえます。
森谷商店1 森谷商店2

神戸の街のど真ん中と言えば、それこそ歓楽街の真ん中
(南京町から歩いて10分)に生田神社があるのですが、
境内に
生田の森と言われる鎮守の杜があります。
RIMG0087_convert_20110609224112.jpg RIMG0083_convert_20110609224151.jpg
神社にお参りしてから、生田の森に入った途端、空気が変わるのがわかります。
いやいや生田神社自体、街中の少々ざわついた雰囲気から比べて、
何と言いましょうか、思わず背筋がしゃんとなるような心地よい緊張感が
感じられるのですが、さらに森は一歩踏み入れた途端、ひんやりとした清涼感と
みずみずしくも濃密な植物の息吹に包まれます。思わず深呼吸しまくり(笑)
このような街のど真ん中に自然の癒しスポットがあったとは・・・。

その後、モトコー(元町高架下商店街)、元町商店街をぶらぶら歩いてやって
来ました、純喫茶「元町サントス」。
(元町商店街を入って西へ2,3分歩いた左側にあります)
こちらはレトロな雰囲気の喫茶店で、今時珍しい?お店で生地から一枚一枚
鉄板で焼くホットケーキを出して下さるお店です。
恐らく私たちと同世代アラフォーからアラフィフの方は少し厚めの手焼きの
ホットケーキ、想像しただけでソワソワしてくるはず?!
ちょっとアレには思い入れありませんか?(笑)
ホットケーキwithバター(+シロップ)と飲み物(コーヒー、紅茶など)のセットで
何と650円♪
RIMG0098_convert_20110609231705.jpg RIMG0095_convert_20110609231906.jpg
若くはない私たち、さすがに心が咎めて?いじましく2人で1人前を分け分け
しました。
私たちなりのコダワリはまずバターをたっぷり塗ってから切り分けて、
シロップをタラーリ。そうするとシロップが生地に
「ようしゅんで(よく染み込んでの意、大阪弁?です)」 実によろしい
表面はサクっと、中身はフワフワ♪ さてさて、お味は・・・
何と言いましょうか、バニラエッセンスだか香料だかのわざとらしい香りがなく、
素朴な香ばしさと甘み。懐かしい~(感涙)。口どけもいいです。

調べてみると手焼きのホットケーキを出して下さる喫茶店は他にも京都、
大阪にもそれぞれ1軒あるそうです。

今回の食べ歩きは元町近辺でお財布に優しい?(胃には負担かも笑)コース
ですが、国際都市神戸はそれこそワールドワイドにお値段もピンキリで
堪能できる実に懐深いグルメタウンではないかと勝手に思っております。

大阪柏原から、近鉄沿線から、電車1本でちょっとそこまで神戸まで
おいしいもの探訪、いかがでしょうか。

byオーナーA

阪神なんば線で神戸へ気軽に

ここのところ雨が続くし、予報見ても雨ばかり?!と思っていたら 、
なんと今日(5/26)近畿と中国四国地方が梅雨入りだそうです。

えええ?ちょっと早すぎでは?と思ったら・・・
やはり例年より10日から12日も早いそうです。
 昨年比では18日も早いとか?!

今年は五月のさわやかな日々が短かったような気がします

さてさて。

先日ふと思い立ってオーナーA&B、久々に神戸へ行って参りました。

神戸と言えば・・・異国情緒・ショッピング・夜景どれもイイですが。
私たちにとっては煩悩全開、食べ歩きにもってこいの街なのです(苦笑)

ここ大阪柏原から神戸方面へは、主に・・・

①JR大和路線→JR大阪環状線→JR神戸線or阪急神戸線or阪神本線か、

②近鉄大阪線→阪神なんば線→阪神本線

という行き方になると思います。

2009年3月に阪神なんば線が開通し、近鉄難波駅と阪神西九条が繋がり、
近鉄沿線からは大阪梅田を経由せずに神戸方面へ直行出来るようになりました。
阪神なんば線 
主に奈良⇔神戸の利便性が格段にUPしたことでしょうが、
鶴橋まで30分弱、難波まで40分弱で行ける
柏原市民にとってもこれはとっても便利。

とは言え、開通2年後にやっとそれを実感することになるとは・・・

今回はもちろん上記②ルート(740円)で神戸元町へGO!

行きは10:09法善寺駅発で元町駅には11:34に到着。

途中鶴橋・尼崎で乗り換えがありますが、
降りたホームの真ん前なのでめちゃくちゃ楽♪

えー・・・私たち、柏原どっぷり生活者(苦笑)の性(サガ)として。

常時混雑極まる大阪駅梅田駅にて、人を避けつつ気を遣いつつ、

階段を上がったり下りたり・・・といった乗り換えがあるだけで

どっと疲れるもんなんです

あの人ごみは想像しただけで・・・ゲンナリします。


大阪梅田を経由せず神戸直行、こんなにラクだとは!(感涙)

大阪ステーションシティはこの5月4日にオープンしまして。

ええ、行った人の話では一様に「見違えた!スゴイ!」だそうですが。

今回は目的地が神戸なので華麗にスルーいたします(笑)


神戸食べ歩き・お店紹介は次の記事で・・・

by オーナーA

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

Twitter~ツイッター
大家のつぶやき 毎日更新中♪
Facebookページ
↓最新情報をcheck it out!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

ソフィアコート

Author:ソフィアコート
オーナーA→40代♀
柏原在住歴4ン年
オーナーB→50代♂
柏原在住歴19年
管理人→50代♂ 
柏原在住歴5ン年

柏原古漬けトリオです(笑)

写真左から管理人・オーナーB・オーナーA

お問い合わせ・メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

大阪のお天気
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。